2020/12/07

飲むだけじゃない!不二食品株式会社『不二の昆布茶』『梅こぶ茶』は魔法の万能調味料だった!?「料理の味がいまいち決まらない」と悩むあなた、必見です

いいね!

今回ご紹介する商品は、大阪・不二食品株式会社の『不二の昆布茶』『梅こぶ茶』です!

不二食品さんに取材を申し込んだきっかけは、食宣伝ブロガーのダーリンのつまさん。

ワタクシ食宣伝編集部員が、お湯を注いで飲む「飲料」としてしか認識していなかった『昆布茶』を、前々から調味料として使用されていたつまさん。

そこで、料理×『昆布茶』『梅こぶ茶』のテクニックを知りたい!と不二食品さんへ取材を申し込んだところ、快くお引き受けくださいました。

『不二の昆布茶』『梅こぶ茶』は魔法の万能調味料!

今回、取材をさせていただくにあたり、食宣伝会員のみなさんから『昆布茶』『梅こぶ茶』に関するアンケートを実施したところ、「(製品を)常備していない」「調味料として使わない」という方が多数いらっしゃいました。

またアンケートでは『昆布茶』『梅こぶ茶』を調味料として使うことへのギモン・質問のお声も集めました。

そうすると
「お料理に昆布の味がついてしまわないの?」
「洋食メニューへ使用すると、和の味になりませんか?」
など、心配の声が続出!(笑)

でも心配ご無用です。

なぜなら、これも、これも、これも、すべて『不二の昆布茶』『梅こぶ茶』で作られたメニューなのです!

*左上から時計まわりに、じゃがいものガレット・うま昆布ナムル・梅こぶスティックパイ・サーモンとアボカドのタルタル

実はどんなジャンルの料理にも合う、万能調味料なのです。

ワタクシもすっかり虜になった『不二の昆布茶』『梅こぶ茶』の調味料使い。

食宣伝会員みなさんのギモンも解決しながら、『不二の昆布茶』『梅こぶ茶』が万能調味料である所以を紐解いていきましょう!

『不二の昆布茶』は発売60年を超えるロングセラー製品

今回お話を伺ったのは、不二食品株式会社・営業部の升谷さんです。

創業は昭和24年、昆布佃煮関連の製造販売を始めた同社。

昆布屋がつくる、こだわりの昆布茶『不二の昆布茶』は、発売より62年目を迎えるロングセラー製品で、昭和33年に高松宮・同妃両殿下の御台臨を記念して発売いたしました(工場見学を終えられた際、両殿下が休憩をされる時におもてなしとして昆布茶をお召し上がりいただいたそうです)。

素材の旨味を存分に活かした『昆布茶』『梅こぶ茶』をお届けするため、厳選したこわだりの北海道道南産「真昆布」を使用しています。

古くからのお客様からは「ずっと変わらないお味やねぇ」と仰っていただくということですが、実は、毎年、主要原材料である昆布の配合調整を行っているとのこと!

昆布は採取される年度や浜によって味が変化するため、昆布屋の強みを活かし、約3年分の原料を在庫しています。

毎年、新物・ヒネ(=年を越したもの)をバランスよく配合し、常に変わらず、美味しい昆布茶を提供しています。


料理にオススメ!3つの秘密

ところで『昆布茶』や『梅こぶ茶』を調味料として使用するってどんな感じなのでしょう?

そこには料理にオススメする3つの理由がありました。

『不二の昆布茶』を使えば、簡単にプロの味に大変身です!

時間と手間を省いておいしさ増量!

だしを取らずに、昆布茶で昆布のうまみをプラス。
うまみ成分「グルタミン酸」がお料理の味を引き立てます。

昆布茶をプラスするだけでプロの味!

『不二の昆布茶』は、昆布粉末・食塩・砂糖の配合が絶妙。
簡単に味のバランスが取れるため、料理がおいしくなります。

昆布茶は魔法の万能調味料!

和洋中、すべての料理と相性抜群。
さまざまな食材と合わせることで、うまみの相乗効果が働きます。


「『不二の昆布茶』『梅こぶ茶』を調味料として使用すると、塩味と旨味を同時に加えることができ、旨味がしっかりつくイメージです。 お料理の味が決まらない、いまいち味が足りないと困った時にサッとひとさじ足していただくと、お料理が美味しく仕上がります」

と升谷さんは仰います。

では、料理×『不二の昆布茶』『梅こぶ茶』について、食宣伝会員さんのギモンを製品別に見ていきましょう。

まずは『不二の昆布茶』から!

意外!『昆布茶』で作るメニューは、和を主張しない!

お料理に昆布の味がつきますか?

「旨味と塩味がほどよくつく、とお考えください。薄味のお料理ではほんのり昆布の風味が分かります」

洋食メニューへ使用すると和の味になりませんか?

「意外かもしれませんが、和を主張しすぎません。パスタにサラダ、マリネにカルパッチョなど様々な料理に活用できます。 また、オイル系(バター、オリーブオイル、マヨネーズなど)、ビネガーやレモン、トマトやにんにくと相性が良く、洋食にも使用できます」

洋食メニューへの活かし方が分かりません・・・

「例えばトマトを使ったメニューであれば、生だとサラダやマリネ、加熱するとスープやソースなど、洋風メニューへも幅広くご活用いただけます。 また、ポトフなど、コンソメ(顆粒・キューブ)の代わりにも使用できます」


では、引き続き『不二の梅こぶ茶』のギモンを解決していきます!

意外!『梅こぶ茶』はクリーム系によく合う

洋食や中華メニューに合いますか?

「『梅こぶ茶』は、バターや牛乳などのクリーム系によく合います。他にも、オリーブオイルやごま油ともとても相性がいいので、『昆布茶』同様に、和洋中とジャンルを選びません」

お肉など脂っこい食材を爽やかにさせる効果はありますか?

「鶏もも肉、豚バラ肉など脂が多いお肉に合います。下味で漬け込み、加熱前にふりかけ、食べる前につける、等色々活用いただけます」


いかがでしたか?

お次は実践編です!

升谷さんから「不二の昆布茶を使っておうちごはんを楽しもう♪レシピブック(Vol.1)」なるものをいただいたワタクシ食宣伝編集部員。

実践編では、レシピブックに掲載されたメニューもいくつかご紹介いたしますので、引き続きご覧ください。


『不二の昆布茶』
原材料:食塩(国内製造)、砂糖、昆布粉末/調味料(アミノ酸等)
『不二の梅こぶ茶』
原材料:食塩(国内製造)、砂糖、凍結乾燥梅肉、昆布粉末/調味料(アミノ酸等)、酸味料、香料
賞味期限:製造日より2年

『不二の昆布茶』『不二の梅こぶ茶』
販売元:不二食品株式会社

こぶちゃ本舗(楽天市場店)
こぶちゃ本舗(Yahoo!ショッピング店)

メールでのお問い合わせはこちら
電話でのお問い合わせ 06-6443-2528
〔9:00〜17:00(土、日、祝日を除く)〕
いいね!