2019/09/26

驚きの乳酸菌パワー。毎日かき混ぜなくても大丈夫!みたけ食品『発酵ぬかどこ』

248
2 票, 平均: 1.00 / 1 いいね!
2
いいね!

みたけ食品『発酵ぬかどこ』とは?

・かきまぜは1週間に一度だけ!
・捨て漬けも不要!
・漬物容器も不要!

なので、届いたその日から野菜を漬けられ、美味しいぬか漬けをご自宅でお楽しみいただけるのです。

でも・・・どうしてかきまぜは1週間に一度だけ?捨て漬けは不要?
漬物容器も不要?

その気持ち、分かります!
ではこれからその秘密を紐解いていきましょう。

「食べるのは大好きだけど、作るのは大変」そう思われているあなたにこそ、ぜひご覧いただきたい商品です!



どうして「かき混ぜ」のお手入れが週1で大丈夫なの?

答えは、「発酵ぬかどこは雑菌の繁殖を抑える効果の高い乳酸菌でぬかどこを発酵させているから!」。

ぬかどこと乳酸菌には密接な関係があります。
ぬかどこに含まれる乳酸菌と酵母の力によってぬか漬け特有の旨みや酸味が作りだされます。

しかし!かき混ぜのお手入れをしないと雑菌が増えてしまい、美味しいぬか漬けが漬からなくなってしまいます。

そこでみたけ食品は「乳酸菌」の力に着目しました。

雑菌の繁殖を抑える効果の高い乳酸菌であらかじめ発酵させることで「かき混ぜ」が1週間に一度だけでも美味しく野菜が漬けられるぬかどこが実現しました。


どうして「捨て漬け」の必要がないの?

「捨て漬け」とは、ぬかどこの作り始めに行います。

作りたてのぬかどこに、大根の葉やキャベツの外側の葉などを漬けこむ作業で、1週間から10日ほど行います。

「捨て漬け」によりぬかどこが熟成され、ぬか漬けが漬けられるぬかどこになります。

この「発酵ぬかどこ」はあらかじめ発酵させてあるウェットタイプのぬかどこです。

そのため「捨て漬け」の必要はなく、 その日からおいしいぬか漬けを漬けることができます。


漬物容器がないと始められませんか?

発酵ぬかどこは、パッケージそのものを容器としてご使用いただけます。

発酵ぬかどこのパッケージは袋の底を広げると自立するスタンドタイプです。

封をあければ、パッケージそのものを容器としてすぐにご使用いただけます。

ご用意いただくのは発酵ぬかどこに漬ける野菜だけ!

新しい容器を準備する手間も省け、手軽にぬか漬けをお楽しみいただけます。

また、スタンドタイプのパッケージのため、冷蔵庫の中でも場所をとらず、最小限のスペースで保管いただけます。




サイズは2つ

「発酵ぬかどこ」1㎏(864円)と、小さめのサイズで一人暮らしの方や少しだけ漬けたい方におススメな「発酵ぬかどこ」ミニ500g(540円)。

また、補充用250g(270円)があります。




いかがでしたか?

化学調味料、食品添加物無添加。
袋に野菜を入れるだけ。お手入れも簡単な「発酵ぬかどこ」で、ぬかどこライフを始めましょう!


『発酵ぬかどこ』
販売元:みたけ食品工業株式会社

原料:米ぬか、食塩、昆布、唐辛子、ビール酵母
賞味期限:製造日より6ヶ月
オンラインショップはこちら
メールでのお問い合わせはこちら
いいね!

他の商品一覧記事を読む