2020/04/08

国産・無添加・とびきりおいしい。絶対に常備しておきたい調味酢『カンタン八芳酢』。やさしい風味の秘密は素材選びにあった!

1130
6 票, 平均: 1.00 / 1 いいね!
6
いいね!

「これ1本で、いろいろなお酢料理が作れる」がコンセプト

砂糖や塩などと合わせる必要がなく、旬の素材にかけるだけ、漬けるだけでおいしく味が決まる調味酢、ムソーの『カンタン八芳酢(はっぽうす)』。

ベースのお酢には国産のお米から作った米酢と信州りんご果汁から作ったりんご酢をブレンド、そこに北海道産利尻昆布と鹿児島県枕崎産のかつお枯れ節でとった一番だしを合わせました。

さらに瀬戸内レモン果汁を加え、レモンのさわやかな香りで“ツンとしたお酢のにおい”をカバー。

実際に『カンタン八芳酢』を使って、にんじんのピクルスを作ったワタクシ食宣伝.com編集部員。

作ったといっても、にんじんを切って『カンタン八芳酢』に漬けただけですが、できあがりのあまりのおいしさに感動!
(おいしすぎて、漬け後の器に残った八芳酢も飲んだ)

ふわーーーっとやさしい甘味が後を引く『カンタン八芳酢』。

「この風味はいったいどうやって生まれるのか・・・?!」

その秘密を探りに『カンタン八芳酢』を開発・販売されている、大阪府堺市・ムソー株式会社へお伺いいたしました!

主原料は国産、化学調味料は不使用、やさしさの秘密はここにあり

今回お話を伺ったのは、商品部の八坂さん。

ムソー株式会社は、独自の高い品質基準を元に、安全・安心な身体に優しいマクロビオティック、オーガニック食品を取り扱っている企業です。

ここ最近の調味酢(食酢に他の調味料などを加えて味を調整したもの)のニーズを受け、原材料にこだわる同社ならではの調味酢を作ろう!と開発に着手したそう。

国産の米酢とりんご酢に、北海道産利尻昆布と鹿児島県枕崎産のかつお枯れ節でとった一番だし、そして瀬戸内レモン。

甘味料においても、果糖ブドウ糖液糖は遺伝子組み換えの心配があり、使用したくありません。

そこで代わりに北海道産ビートグラニュー糖で試作を繰り返し、控え目な甘味を添えることに成功しました。

いかに素材の味で勝負できるかという点が難しかった、と八坂さんは当時を振り返ります。

どうやって使うの?

では『カンタン八芳酢』を使ったメニューを見ていきましょう!

「お酢料理ってメニュ―バリエーションが少ない」と感じている方も多いのでは?

『カンタン八芳酢』があれば、春夏秋冬、朝昼晩どんなときでも大活躍。
和洋中も問いません!

春メニュー

・ツナとオニオンのサラダ
・新しょうがの甘酢かけ

夏メニュー

・タコときゅうりの酢の物
・夏野菜のピクルス

秋メニュー

・あじの南蛮漬け
・かぶの千枚漬け

冬メニュー

・スモークサーモンのマリネ
その他、紅白なます、えびの旨煮、牛肉の八幡巻き、ぶりの照り焼きなどのおせち料理にも大活躍。


各レシピはこちらから!
カンタン八芳酢レシピ集(1)
カンタン八芳酢レシピ集(2)



食宣伝編集部のおすすめ

ここでワタクシの大のお気に入りメニューをご紹介♪

大根と鶏肉の八芳酢煮

<作り方>
お肉に八芳酢を軽く揉み込み、少し置いてから漬け汁ごと鍋に入れ、水を足して煮るだけ。

こんなにカンタンなのに非常にウマい!

「箸が止まらない」を体現するメニューです。
メインにもなる一品なのもうれしいですね。

社員のみなさんならではの食べ方・使い方とは!?

「ピクルスを漬けた後に残ったお汁には、漬けた野菜からのエキスが出ているのですごくおいしいですよ。オリーブオイルやごま油をプラスすると、いい味のドレッシングになります」と教えていただきました。

これはいいことを聞いたぞ、とその夜自宅に戻り、さっそくオリーブオイルで実践したところ、たしかにうま味凝縮のドレッシングに変身!

さらに(勝手に)マヨネーズと、仕上げに黒こしょうをガリガリとプラスしたところ、自然な甘味とコクのあるマヨネーズがちょうど相まって、マヨネーズベースのドレッシング史上、いちばんおいしいドレッシングができあがったのではないか、と再び感動。

そしてドレッシングとしてだけではなく、炒めだれとしてもとてもおいしかったです(アスパラガスで試しました!)


ドレッシングといえば「冷蔵庫のドアポケットってごちゃごちゃしていませんか?」と八坂さん。

たしかに・・・我が家のドアポケットもドレッシングだけで3種類。

お話をお伺いすると、お酢業界でもピクルス用などを始め、商品の細分化が進んでいるとのこと。

ところが消費者側は、冷蔵庫に調味料がありすぎて整理がつかず、せっかく買っても一度使っておしまい。

次に使おうと思ったときには賞味期限が切れてしまっていた、なんてことも。

そういったお声もあり、お酢だけではなく、ドレッシングにも活用できるなど汎用性のある調味酢を作りたかったそう。

「そうしたら冷蔵庫のドアポケットもすっきりするでしょ」と八坂さんは表情をやわらげます。

2020年春、徳用サイズができました

毎日使いたくなる『カンタン八芳酢』。
多くの愛用者からのリクエストで、徳用サイズができあがりました。

通常サイズは360mlで420円(税別)、徳用は900mlで840円(税別)。

容量はたっぷり2.5倍、価格は2倍に抑えました。100mlあたり23円のお得です!



どこで買えるの?

・直営店Musubi Garden(ムスビガーデン)(東京2店舗、大阪1店舗)

・その他のエリアは、同社商品取り扱い店舗一覧をご覧になり『カンタン八芳酢』のお取り扱いについてお電話等でご確認ください。

・オンラインショップ「ムスビ倶楽部」でも購入できます。


そうそう、パッケージにも注目していただきたい!

『カンタン八芳酢』のロゴも、ロゴの下に描かれたかわいらしい原材料のイラストも社員の方が手掛けたそう。

とってもシンプルなデザインなので、当初は社内でも「売り場で目立たないのでは?」という心配のお声もあったそうですが、いざ販売してみるととても評判がいいそう。

このパッケージを見つけたら、ぜひ一度手に取ってください。

八坂さん、興味深いお話をどうもありがとうございました!

素材にサッとかける・漬けるだけ!
『カンタン八芳酢』
販売元:ムソー株式会社

オンラインショップはこちら
メールでのお問い合わせはこちら
いいね!

他の商品一覧記事を読む