2022/07/15

旬野菜レシピ 料理のジャンルを選ばない定番野菜!『なす』を使用したおいしいレシピ

いいね!

和・洋・中と料理のジャンルを選ばない定番野菜の代表選手、なす。

スーパーなどでよくみかけるなすは、6月頃から9月頃が旬となります。

夏に収穫するなすの特徴は、みずみずしく甘みが増します。

また、9月頃から収穫されるものを「秋なす」といいます。

夏のなすはみずみずしいのに比べ、秋なすは種が少なく、実も締まっています。

そして、なすの皮に含まれている成分には、抗酸化作用や免疫力の維持、老化防止に役立つ働きがあると言われており、特に夏は紫外線の影響で肌へのダメージが大きいため、意識して摂りたい野菜の1つです。

また、身体を冷やす食べ物として分類されているので、これからの夏の暑い時期は積極的にいただきましょう。

さて、今回はこの「なす」を使用したレシピ2品を食宣伝ブロガー・ダーリンのつまさんから教わります。

*ダーリンのつまさんは、上級食育アドバイザー/アメーバブログ公式トップブロガー。 ダーリン(旦那)さんのために作るおうちレシピがテーマのブログを毎日更新中です。

シーザードレッシングと麺つゆで食べる!?なすとかつおのカルパッチョ

野菜とかつおのうま味がタッグを組んだ絶品カルパッチョ。

焼きなすをお皿の上に並べ、その上にかつおを盛り付け、 きゅうり、セロリ、みょうが、青ねぎを細かく刻んで、全体に散らします。

仕上げにトマトを加えれば、野菜たっぷりで彩りも豊かなカルパッチョの完成です!

ドレッシングは、自家製シーザードレッシングと麺つゆを両方かけた合わせ技♪

このドレッシング効果で、かつおの生臭さも一切感じずにおいしくいただけます。

なすで野菜をくるみ、パクッといただくのがおすすめです♪

テーブルに華を添える一品です。

*レシピはこちら

納豆と豆腐でヘルシーだけど満足度◎!なすのおちょぼ焼き

納豆、豆腐、ピザ用チーズを混ぜ合わせ、なすの上に帽子のようにのせて焼き上げた一品。

なすのとろりとした食感と甘みが全体を包み、後を引くおいしさ♪

見た目もかわわいいひと口サイズなので、ちょっとしたおつまみにもなりますよ。

そしてなすは油との相性がとてもよく、余分な油分は吐き出す性質なので、ダイエット中でも安心していただけます!

ただし、ダイエットの時に気を付けなくてはいけないのが、油脂分の不足。

パサパサの肌にならないためには、少しの油分は必要です。


*レシピはこちら

レシピで使用した
・高橋商店『和風万能だし やすまる』の詳細はこちらから
・高橋商店『贅沢ローストだし やすまる』の詳細はこちらから

・ご購入は高橋商店オンラインショップから

【お問い合わせ】
高橋商店
メールお問い合わせはこちら
電話お問い合わせ ☎0120-688-226
いいね!